書画・掛け軸:日下部鳴鶴/くさかべ めいかく(鳴鶴)

1838~1922。
明治-大正時代の書家。中林梧竹、巌谷一六と共に明治の三筆と呼ばれる近代書道の確立者の一人である。
晩年、野鶴、老鶴、鶴叟の別号も用いた。
中国、特に六朝書の影響を受けた力強い筆跡が特徴であり、それまでの和様から唐様に日本の書法の基準を作り変えた。
のちに中国に遊び兪曲園・呉大澂・楊見山・呉昌碩らと交わった。
加えて数多くの弟子を育成、彼の流派を受け継ぐ書道家は極めて多い。
芸術家としても教育者としても多大な功績をあげたことを称えて「日本近代書道の父」と評されることもある。

私たち夏樹美術は、日下部鳴鶴/くさかべ めいかく(鳴鶴)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG