中国美術:文人画

古来より中国では書画・絵画は院体画いわゆる宮廷画家たちによって製作されてきた。
北宋の時代になると士大夫と呼ばれる科挙に合格した上級官僚や儒教的教養を身に着けた読書人たちが書画や絵画をたしなむようになる。
それらを総称して文人画と呼ぶ。

 

文人画として分野が確立されたのは明の末期に董其昌が画旨『画禅室随筆』において展開したが始まりとされ、後世に大きな影響を残した。

董其昌はその中でその祖を唐の王維まで遡り、董源・巨然・米家父子へ続き、元末四大家(黄公望・倪瓚・呉鎮・王蒙)へと継承し、文徴明らの呉派を嫡流とすると説いた。だがそれはその後に続く自らの立場を正統としている一方で、北宗院体画を貶める内容であるため尚南貶北論とも呼ばれ、その恣意性を指摘されることもある。

董其昌の革新的な画風はすぐ後に続く呉彬 ・陳洪綬・丁雲鵬・米万鍾・李士達・盛茂燁らや松江派・杭州派・金陵派・新安派といった江南都市絵画、あるいは四王呉惲王時敏王鑑王翬王原祁呉歴惲寿平 )らは南宗正統派の先駆となった。またその画論は文人画家の大きなよりどころとなったといえる。

董其昌 婉孌草堂図
伝董源 渓岸図
文徴明 寒林鍾馗

 

伝王維 長江積雪図
黄公望 富春山居図(部分)
呉琳 十六羅漢図

 

惲寿平 桂花紫薇


私たち夏樹美術は、中国美術 文人画 掛け軸 絵画の作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG