中国美術:人物画

人物画は、山水画・花鳥画と並んで中国絵画の中でも主要なジャンルの一つとして位置づけられてきた。
唐の時代になると人物画は非常に盛んになり、大きく発展した。
この時代に編み出された技法の多くは現代にいたるまで重宝されている。
近代に入ると社会的必要性にあって人物画の需要が多くなった。
その結果、元・明・清の時代に守り続けられていた人物画の伝統技法を打ち破り、中国画の人物の線描や水墨技法、彩色法に新しい工夫を加えて、さらなる発展を見せるようになった。
ここでは主に目にする機会の多い近代の人物画を紹介する。

近代の人物画家


1900年以降になると社会的必要性から人物画の需要が多くなり、それまでの伝統的な技法に西洋や日本の画法が工夫として加えられて中国画は大きく発展していった。

その中でも人物画として大きな評価を得ているのは歴史人物の描写が優れていると言われる傅抱石、社会主義的な作品を多く残した蒋兆和、西洋画の技法を多く取り入れて新たな中国画を模索した徐悲鴻、東洋のピカソとして名高い張大千、伝統的水墨画技法とクロッキーを融合させて少数民族の生活や剣舞などの人物画を得意とした葉浅予、西洋の印象派と中国伝統絵画と民間の美術などの要素を取り入れて融合し、極めて個性的な芸術表現にたどり着いた林風眠、細筆を巧みに用い趣ある画風の人物などが得意であった程十髪、人物画での評価が高い亜明などが挙げられる。

傅抱石
徐悲鴻

 

蒋兆和
張大千 少女

 

葉浅予 高原の春

 

林風眠

 

私たち夏樹美術は、中国美術 人物画 掛け軸 絵画 作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG